映画(洋画・邦画)に強い動画配信サービスは?

ドラマ・アニメなど様々なジャンルを楽しめる動画配信サービスですが、やはりメインとなるのが映画でしょう。

主要の動画配信サービスはそれぞれ映画を豊富に取り揃えていますが、それゆえにどの動画配信サービスを選んでよいか迷いますよね。

今回は映画(洋画・邦画)に強い動画配信サービスを紹介したいと思います。

U-NEXT

U-NEXTは動画数12万本(見放題作品80,000本、レンタル作品40,000本)という圧倒的なコンテンツ量を誇りますが、その中でも映画は「見放題4,500本、レンタル2,000本」ほど取り揃えられています。

洋画・邦画ともにバランスよく用意されており、映画内ページも「見放題で楽しめる厳選良作 洋画編」「懐かし☆90年代☆ヒット作」のようにユーザー視点で考えられた分類がされていて非常に使いやすく感じます。

また、U-NEXTの最大の魅力は何といっても最新作の配信がすこぶる早いという点です。
最新作のほとんどは追加料金がかかるレンタル作品になりますが、「目ぼしい旧作はほとんど制覇した!」といったコアなユーザーであれば、問答無用でU-NEXTがおすすめです。

dTV

U-NEXTと同様、dTVも12万本という大量の見放題作品が用意されており、なんといっても月額540円(税込)というコストパフォーマンスの高さが魅力です。

dTVの動画は月額料金で楽しめる見放題作品の他に、追加料金が必要なレンタル作品もありますが、その中でも見放題の映画は約3,000本ほど用意されていて、月額料金だけでも十分楽しむことができます。
尚、有料動画(主に新作)は、標準画質で300~400円、HD画質で400~500円のレンタル価格となっています。

dTV内で映画を検索する際は見放題のみを表示する機能もあるので、見放題だけを楽しみたい人もストレスなく利用することができます。

dTVは幅広く映画を楽しみつつもコストパフォーマンスを重視する方におすすめですね。

ちなみに以前はドコモユーザー限定のサービスだったdTVですが、現在はドコモユーザー以外でも登録することができます。

Hulu

Huluの魅力は月額料金だけでサービス内の作品が全て見放題で視聴することができる点です。
見たい映画をクリックしたら有料作品でがっかり・・・なんてこともなく全て見放題で楽しめるので、いちいち見放題の作品なのか有料作品なのかを気にせず利用したい方におすすめです。

海外・国内ドラマに強いHuluですが、映画についてはU-NEXTやdTVと比べると目おとりしてしまいます。
Huluについては、「ドラマを中心に楽しむけど、ぼちぼち映画も視聴する」といった人に向いていると思います。

まとめ

どの動画配信サービスを利用するか考えた場合、それぞれで強いジャンルがあったり月額料金が違ったりと様々な比較ポイントがありますが、こと映画に関しては「U-NEXT」に軍配が上がりそうです。

「これからどっぷりと映画ライフを堪能しよう!」という方にはもちろんU-NEXTをおすすめしますが、「とにかく低価格で自宅で映画鑑賞をしてみたい」といった動画配信サービス未経験の方は「dTV」から試してみるのも良いですね。

各動画配信サービスともに「無料お試し期間」が用意されており、お試し期間中に解約すれば料金は一切かからないので、気になったサービスがあれば気軽に試してみてはいかがでしょう。